日記

2018年8月25日(土)の日記 同調しなければならない暮らしをしていると辿りつけない世界がある

投稿日:

2018年8月25日(土)の日記

「クレイジージャーニー」などで知られる、世界の秘境を撮影する女性フォトグラファー、ヨシダナギさん。

彼女の講演「ヨシダナギ、HAT神戸に立つ」を拝聴するため、「兵庫県立美術館」へ。

初めて降りる、阪神「岩屋」駅。
美術館の最寄駅ということもあり、周辺にはパブリックアートがたくさん。

アマゾンから戻ってこられ、さほどの間もなくのご登壇。
現地で「小さな昆虫に足を刺され、そこから足の肉が溶けだした」と言い、「そのショックから立ち直れてはいない」とのこと。
アフリカの少数民族の撮影で名を馳せる方ですが、「アマゾンはまだ3度目で、いまだに馴れない」。

早くも、生きるスケールが違いすぎます。

ちなみにアマゾンにいた時間がつらすぎて、唯一の心の拠り所が、スマホでやる「どうぶつの森」だったのだそう。
天然の「動物の森」にいるのに。
それにしても、アマゾンの奥地まで電波が飛んでるのか。

幼い頃にテレビでマサイ族を見て「私も大きくなったらマサイ族になりたい」(マサイ族を職業だと思ったらしい)と考えたヨシダさん。
マサイ族にはなれなかったけれど、アフリカへ何度も渡ることとなりました。

「幼い頃から集団行動が苦手で、どこにも属せなかった」「カメラの世界にすら、いまだに興味がない」という彼女だからこそ、遠くへ飛ぶことができた。

周囲に同調しなければならない生き方をしていると、辿りつけない境地がある。
見られない世界がある。

-日記

Copyright© 吉村智樹事務所だより , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.