DANRO(ダンロ) お仕事情報

朝日新聞のWebサイト「DANRO」に「絶滅の危機に瀕する『マドロス歌謡』 孤高のシンガーが歌い継ぐ『別れの美学』」という記事を書きました。

投稿日:

朝日新聞が運営するWebサイト「DANRO」に、「絶滅の危機に瀕する『マドロス歌謡』 孤高のシンガーが歌い継ぐ『別れの美学』」という記事を書きました。

堺市にお住まいで、日頃はトラックを運転している「傷心の松」さん
34歳という若さで、絶滅の危機に瀕する「マドロス歌謡」を自作して歌い続ける、孤高のシンガーです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2011年から歌いはじめ、現在およそ300回ものステージ数を誇ります。

かつてはリーゼントに革ジャン、サングラスといういでたちで、荒くれたロックンロールバンドを組んでいた傷心の松さん。
ロックバンドのボーカルだったのに、いったいなぜソロに転身して「マドロス歌謡」を歌おうと思ったのでしょう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこには意外な理由がありました。
そんな記事を書きました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影もやっております。
ぜひ読んでみてください。
https://www.danro.bar/article/11763242

 

「企画・記事のご提案」→「取材先へのアポ取り」→「取材・撮影」→「作稿」→「先方チェック」→「入稿・納品」→「記事の拡散」まで、一貫してお請けしております。

Web記事がご要り用の媒体各位、どうぞお気軽にお申しつけくださいませ。

▼メールフォーム
http://tomokiy.com/tomoki/mail/

-DANRO(ダンロ), お仕事情報

Copyright© 吉村智樹事務所だより , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.