パティシエントマガジン お仕事情報

パティシエの情報サイト「パティシエントマガジン」に「30歳で糖尿病になったパティシエが語る、それでも僕がお菓子を作る理由」という記事を書きました。

投稿日:

 

パティシエのWeb情報メディア「パティシエントマガジン」「30歳で糖尿病になったパティシエが語る、それでも僕がお菓子を作る理由」という記事を書きました。

もしもパティシエが「糖尿病」になったら……。
糖質とともに生きるパティシエにとって、糖尿病は決して他人事ではありません。

今回は、30歳にして糖尿病を患った、ひとりのパティシエを紹介します。
松本さんは突然糖尿病を発症し、一時はパティシエへの道をあきらめたものの、リハビリのすえに遂に独立開業に至ったのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パティシエという職業は、果たして不治の病と呼ばれる糖尿病と共存できるのか?
自身の闘病体験をもとに糖尿病医療チームと共同開発した「低糖質スイーツ」とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

糖尿病という運命に翻弄されながらも自分らしい働き方を模索し、開業へこぎつけた松本さんの想いをおうかがいしました。

甘い洋菓子の向こう側にある、決して甘くはない職人の人生。

撮影もやっております。
ぜひ読んでみてください。
https://www.patissient.com/magazine/9000/

製菓職人さんを取材する仕事がやってみたかったので、機会を与えていただけて、ありがたいです。

これからもライターとして、洋菓子のみならず製パンや和菓子の世界へ、さらに、ものづくり全般を取材してゆきたいと思っております。

最低限ですが撮影もやります.

どうぞよろしくお願いいたします。

-パティシエントマガジン, お仕事情報

Copyright© 吉村智樹事務所だより , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.